日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

京紫(きょうむらさき)

京紫は、古代から伝わる正統的な紫根染めの紫を言い、王者の風格を表していましたが、江戸時代以降に染織が民間の手に移り、庶民は好みの色を自由に染めて身につけられるようになったので、紫色は江戸や京都で大流行しました。

京都には、古来の紫染の秘法を一子相伝の特技として守り続けた染師がいて、これを紫師といいました。紫師が染めた色を彼らが自ら「古代紫」と呼ぶ説もあるようです。

「京紫」に対して、のちに青みの紫は「江戸紫」または「今紫」と呼ばれています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム