日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

茜色(あかねいろ)

熱帯アジア原産国の茜は、と並ぶ最古の植物染料のひとつです。

日本の山野でよく見られるつる草の細いひげ根が黄赤色なので、赤根の名がつき、その根の煎汁が古代から染料に用いられました。

媒染剤によって赤から黄にかけての色相を染めることができ、万葉集に出てくる額田王の歌「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」にも用いられた「あかねさす」は、茜色に照り映えるという意味の枕詞です。

この頃すでにこの染料は、万物が茜色に色づく様を形容する枕詞として用いられていました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム