日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

黄金(こがね)

古代から貴金属の中でも最高の金属が黄金で、多くの民族で古くからもっとも貴重な金属とされていました。銀の美称「しろがね」に対して、金は「こがね」と呼ばれますが、古くは、くがね、きがね、とも読みました。

万葉集には「天皇の御代栄えむと東なる陸奥山に黄金花咲く」とあり、日本は黄金産する国であったようです。

中世から近世にかけては、佐渡の金山に見られるように金鉱の発見が相次ぎ、日本は、イタリアの旅行家マルコ・ポーロをして、「黄金の国、ジパング」と言わしめるほど豊かな生産量を誇るようになっていきました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム

 

_trackPageview();