日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

江戸紫(えどむらさき)

古来より紫色は、日本だけでなく世界共通に紫の自然染料は少なく、高貴な色、憧れの色とされてきました。

江戸時代、武蔵野国の豪農が紫草の栽培や染色法を習得し、その後鮮やかな紫根染めを完成させ、後に色調によって地域が区別されるようになりました。

赤みのある京紫色に対してこの青みの強い紫色は江戸紫と呼ばれるようになり、江戸っ子たちに特に好まれました。

当時の人気歌舞伎役者、市川団十郎の当たり芸「助六由縁江戸桜」の鉢巻の色としても用いられ、江戸の「粋」の代表色として一世を風靡したと伝えられています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム