日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

撫子(なでしこ)

撫子の花のような柔らかい紫みがかった薄紅色で、古くからの伝統色名の一つとして親しまれてきました。平安時代には襲の色目の1つとして若者の色とされており、源氏物語の宿木の巻にも色名としてその用例が見られます。

撫子の名前は、小さくてかわいい花を愛児に擬して"撫でし子"といったことからきており、撫子という色名の語感には女性的な優しさや華やかさに加え、可憐な野の花の風情が込められており、現代でも日本女性の代名詞にもなっています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム