日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

小豆(あずき)

小豆の実のようなくすんだ赤。小豆が日本に渡来したのは奈良時代以前のことで、古くから食用として栽培され古事記にもその名が記されています。

古代より赤い色は魔除け、厄除けの色とされ小豆にも病を退ける力があるとされてきました。やがて米と合わせて炊いた赤飯は、祝い事や年中行事には欠かせないものとして定着するようになりました。

色名として小豆色が使われるようになったのは江戸時代からで、明治から大正にかけて着物の表色に多く使われていました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム