日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

黄櫨染(こうろぜん)

大変な手間をかけて染めた色です。

絹に染めると、光で茶にも橙にも見える気品と華やかさがあり、高貴な赤につながる見栄えに加え落ち着きがある色といわれています。

晴れやかさと威厳を示す色として、嵯峨天皇の時世であった820年、天皇が正式の際に着用される袍の色として制定されました。

以来、天皇以外が使用することのできない禁色として伝えられ、現在でも即位の礼で着用されています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム