日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

朽葉色(くちばいろ)

樹木の葉が秋に紅葉し朽ちてゆく葉の色を朽葉色といい、古くから用いられた色名です。平安朝の人々は枯れて大地に落ちていく朽葉に季節の移ろいや情緒の深さを感じ鑑賞していました。

朽ち葉色は「朽葉四十八色」と言われるほどにさまざまな色名があり、青朽葉や黄朽葉、赤朽葉、濃朽葉、薄朽葉などの色名があり、衣服の色として広く用いられていました。当時は茶色と言う色名がなかった為、近世の茶色に相当する基本的な色名として茶系統全般を示すものとして使われていました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム