日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

松葉(まつば)

松の葉のような濃い緑色を少しくすませたような色で、緑色の代表的な色名の一つとして古くから用いられてきました。

一年を通して常緑で美しく長寿である松は、永遠不滅の象徴として特別な存在になっており、神が宿る木として正月に門松に用いられるなど、民族行事や祝い事に広く用いられてきました。その葉色の松葉色もめでたい色として尊重されてきました。

清少納言の枕草子の一節にも「松の葉色」が登場し、平安時代から男性の装束の色としても使われてきました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム