日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

納戸色(なんどいろ)

藍染めのひとつで、灰身を帯びた青色です。御納戸色ともいわれていました。

色名の由来には、納戸の暗がりの色、納戸の入口にかける垂れ幕によく用いられた色、高貴な身分の人の衣装を保管していた納戸を管理する役人の制服の色であったなど諸説あります。また、濃い藍染には手間がかかるため一度にたくさんの藍染を行い、それを納戸に貯蔵しておいたので、その色を納戸色と呼ぶようになったという説もあります。

江戸時代から近代にいたるまで最も普及した色のひとつでした。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム