日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

紫苑(しおん)

紫苑の花の色のようなやや青味の薄紫色で「しおに」ともいいます。紫苑は野原などに群生する、秋に小さい可憐な花をつけるキク科の植物で、春夏に咲く草花の花色とは一味違う落ち着きがあります。

紫を至上の色をして尊重しただけでなく、色としてもこのうえなく美しく、奥ゆかしいと感じていた平安時代の貴族社会では、花の色も紫が特に愛好されていたようです。紫苑色は源氏物語、堤中納言物語、今鏡などの平安文学に、織色、重色などとして登場しています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム