日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

一斤染(いっこんぞめ)

一斤染は、紅花一斤(600グラム)で絹一疋(二反)を染めた淡い紅色の色名です。

平安時代、濃い紅(紅色)が好まれていましたが、高価なため富裕な身分の高い人にしか許されず、禁色とされていました。

紅花の使用は厳しく制限されていましたが、薄い紅染は許されており、一斤染はそれを数量的に示した標準色とされていました。そのため一斤染は別名「聴色(ゆるしいろ)」とも呼ばれています。

いわば紅染の願望を抑圧した階級差別の象徴のような色名のため、あまり遵守された様子はなく、濃く染めるものが後を絶たなかったそうです。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム