日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

白茶(しらちゃ)

白茶は、文字どおり白っぽい茶色ということで、ごく薄い茶として慣用的によく用いられます。色が褪せて白っぽくなることを白茶けるという言い方もあります。

点茶の際など、茶碗を拭う白の布巾を茶巾といいますが、これに茶渋がついたという意味の渋茶巾は白茶色のことをいいます。

穏やかで上品な白茶が愛好されたのは江戸時代。千利休が好んだとされる利休茶の薄い色を利休白茶、大名茶人の小堀遠州の好みといわれる遠州白茶などの色名もあり、江戸時代の流行色だった茶色の中でも、白茶は粋人好みとされていた色であったとされています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム