日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

鴇色(ときいろ)

鴇色はトキが飛ぶときに見せる風切羽(かぜきりばね)の色に似たピンクで女性の和服によく用いられる色です。

平安時代には桃花鳥(つき)と呼ばれており、古来日本語の色名には動物からとられたものはほとんどありませんでしたが、江戸時代から鳶や雀、など身近な鳥の名前が使われるようになり鴇色の表現もその頃だと思われています。

鴇色は他に鴇羽色(ときはいろ)、本鴇色(ほんときいろ)、乙女色(おとめいろ)などとも呼ばれています。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム