日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

刈安(かりやす)

刈安は日本の近畿・中部地方に自生するススキに似た草で、この草を細かく切り煎じた汁を染色に用いた薄い緑みの美しく澄んだ黄色のことをいいます。

刈安という名は、「刈り易い」ことから付けられました。黄色系の色名の中では最も古く、奈良時代「正倉院文書」にも登場しています。天然植物染料としては重宝なもののはずでしたが入手が容易ということは希少価値に欠けるということで、日本では黄色は威厳を象徴する資格が無くなったようです。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム