日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

青磁色(せいじいろ)

青磁は、薄青緑または淡黄色を呈する釉薬(ゆうやく)をかけて焼いた磁器で、中国では南宋の時代に多くの名品が生まれました。濃淡の諧調は幅広いのですが、その磁器の肌色のような色合を青磁色と呼んでいます。

日本に青磁が伝えられたのは平安時代といわれ、その神秘的な美しさに秘色(ひそく)とも呼ばれ重宝されたといわれています。

今昔物語には、唐代の越州窯で焼かれ天子に献上されたところから、秘色と呼ばれた青磁の甕が出てくるのですが、青磁色という色名が使われるようになったのはかなり後世になってからなのです。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム