日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

水縹(みずはなだ)

水縹は、藍染の薄い色です。水の字は、水で薄めたという色の薄さを表しています。縹色は、古くは藍で染めた色の総称のことを表しており、花田色とも記され、その略称である花色は、初夏に咲く露草で染めたことに由来するとも言われています。

万葉集の時代には、水色のことを水縹と呼んでいたそうです。竹取の翁の作とされる長歌に、『水縹の絹の帯を引帯なす』という一節が残っています。

平安時代には、水色と水縹色の両方が使われていましたが、中世になると、水色が主流となり、現在に至ったようです。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム