日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

紅赤(べにあか)

紅赤は、紅花の黄色の色素を覗いて紅色だけで染めた、鮮やかな赤のことをいいます。

古代より紅花から抽出された紅色色素は世界中で用いられた化粧料で、化粧の歴史では頬紅や口紅は白粉よりも早くから使われていたそうです。

紅赤に代表されるような「赤」は江戸時代の人々にとって憧れの対象であり、紅一匁金一匁と呼ばれるほどに価値ある色でした。

その中でも紅赤は、植物性染料の中で最も高価なもので庶民にとっては手に入れる事が難しく、比較的安価な蘇芳やで代用されていました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム