日本の伝統色の意味や由来・色の名前・和名

 

黄丹(おうに)

黄丹は、黄と赤の両方の色合いを持つ冴えた赤橙色です。

中国より伝来した色名で顔料の鉛丹の別名であり、この染色が顔料の黄丹に似ている所から呼ばれるようになりました。

この色は、宮廷で着用された朝服を袍(ほう)と言いますが、奈良時代の衣服に関する条項を定めた「衣服令」により皇太子の袍の色とされ、以来現在まで皇太子の礼服の色として用いられています。

天皇の黄櫨染に次ぐ「禁色」の1つであり、一般庶民の使用が禁じられていました。


色名一覧に戻る


参考文献

解説監修チーム