• カラースクール・カラーサロン一覧
  • カラー商品
  • お問い合わせ

ウインタータイプ(冬タイプ)のファッションコーディネート|女性

男性のコーディネートはこちら

のんびり過ごす休日(春)

ウインタータイプのレディースコーディネート2

予定のない休日は、前から気になっていたDVDをレンタル。帰りにコンビニでお菓子も買っちゃおう♪ お部屋でのんびり過ごすこんな日も、自分らしいオシャレを楽しみたいな。

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウインターのカラーパレットはビビッドな色だけで構成されているのではありません。パステルカラーよりも更に淡いトーンが似合うことにご注目を!部分使いのロイヤルブルーがコーディネートを引き締めています。

ビジネースシーン(春)

ウインタータイプのレディースコーディネート13

「春一番」も吹きました。コートを脱いだその日から・・と、素敵な着こなしを夢見ていませんか?これからの季節は明るい色をたくさん取り入れて、新しい風をビジネスの場に吹かせてみませんか。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

色数は出来るだけ抑えて! だからといってマンネリ化は禁物。トーンを合わせて色味をちょっとだけ外して微妙な味付けを楽しんでください。思わぬ効果でクラス感を。靴/バッグはモノトーンで引き締めて。

アウトレットでお買い物(春)

ウインタータイプのレディースコーディネート14

素敵なお店に入って行く時、今日の自分のコーディネートは・・果たして?なんてちょっと気が引けたりしませんか?なるべく自分の好みの恰好で行くとお店の方に的確な提案をしてもらえますよ。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

深みのあるお色味がお好みのあなたには、デザインもすっきりしたものが雰囲気によく合います。たくさんの色を取り込まずにメリハリ感を出すことが大切。靴・バックは主張のあるものを選びましょう。

オフィススタイル(夏)

ウインタータイプのレディースコーディネート3

まだまだ続く暑い夏。 オフィススタイルも、涼やかで爽やかな印象にまとめれば、いつもより仕事がはがりそう。

監修:東京カラーズ 桜井輝子

華やかなフリルブラウスは、ごく淡いピンクをチョイスすれば甘くなりすぎません。スカートには、シンプルなシルエットの黒を合わせるのが正解。ここでは、パンプスをコーディネートのアクセントにしています。

姪っ子と公園で過ごす(夏)

ウインタータイプのレディースコーディネート4

夏の日差しにも負けず、姪っ子を連れて公園へ。今日は動きやすいコーディネートで童心に返って思い切り遊んじゃおう!手作りのお弁当、喜んでくれるかな。

監修:東京カラーズ 桜井輝子

デニムにキャスケットのカジュアルな装いを、ダークなグリーンのタンクトップでメンズライクに!グリーンの補色である鮮やかな赤は、ほんのワンポイントで取り入れると、ハッとする女の子らしさを演出できるかも。

アフター5の暑気払い(夏)

ウインタータイプのレディースコーディネート15

暑気払いのお世話役をする事になりました。会場はシーサイドのシャレたホテルです。暑いからといってラフな恰好でいっては評価を下げてしまいます。適度にキチンと感を出すのがポイントです。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

いつもキチンと感を出すのがお得意のタイプの方ですが、こんな時には少し甘さを出してもいいはず、小面積ながらインパクトのあるインナーはコバルトブルーのカーディガンと合わせれば効果てきめんです。

湘南海岸にドライブ(夏)

ウインタータイプのレディースコーディネート16

夏休みになりました。気の置けない女の子どうしでドライブに出かけました。ビーチサイドのお気に入りのレストランでランチを。潮風をいっぱい受けて磯の香りを存分に味わいたい。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

海の色、空の色、そしてあなたにお似合いの色はブルー、ベースはただ素直にこれを取り込んで。そしたらやっぱりアクセントは白に限ります。そしてバッグはグレー。ブルーと白をうまく中和させてくれます。

家族で外食(秋)

ウインタータイプのレディースコーディネート6

今夜は久しぶりに家族揃って外食。秋の味覚が楽しめる和食屋さんで、ゆっくり美味しいものを堪能することに。 ナチュラルなコーディネートなら仕事やプライベートの話に花が咲くかな。

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウィンターの人が着る黒は、ひときわ輝いて見えるもの。プリント柄のアイテムは、色柄のはっきりしたもの、コントラストの効いたものがおすすめです。

美術館でデート(秋)

ウインタータイプのレディースコーディネート5

芸術の秋には少し着飾って彼と美術館へお出掛け。いつもより上品にまとめたつもりだけど、彼は気付いてくれるかな。 素晴らしい作品を鑑賞して、ファッションセンスを磨かなきゃ!

監修:東京カラーズ 桜井輝子

全体をパープルの濃淡でまとめ、ジャケットもしっかり感のあるものをコーディネート。ウインターの人がブラウン系を着る時には、限りなくダークなチョコレートブラウンがおすすめ。黒とは違うテイストが楽しめます。

上野公園へ美術散策(秋)

ウインタータイプのレディースコーディネート17

芸術の秋・スポーツの秋、秋はとかく感性をくすぐられるようなシーンに出くわす機会が多いですね。今日は気合いを入れていくつか美術館を巡りたい。そうそう動物園でパンダにも合いたいな!

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

浅いvネックにカシュクールのニット、モノトーンで決めれば胸元がスッキリとエレガントに。ダークグリーンは青みを強くしてブラックと調和をはかります。同じく黒のハイソックスで繋げればバランスよく纏まります。

クラス会の集まりに(秋)

ウインタータイプのレディースコーディネート18

鑑賞の秋、音楽やアートに親しむのも良いですが、人と人との繋がりを深めていきたいのもこの時期。年に一度のクラス会はいつもこの時期、今年は隅田川の遊覧船で浅草までのコースを楽しみます。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

秋になるとボルドーなどのパープル系の色味ががぜん多くなりますが、ウインターの方にはこんな色調を選んでいただきたい。あくまでも青みが強く、深みのあるお色味で個性的に装いましょう。

オフィススタイル(冬)

ウインタータイプのレディースコーディネート7

今日から始まる新しいプロジェクト、まずは大切なお客様との顔合わせからスタート!第一印象は重要なので、きちんと見えるジャケットスタイルをチョイス。気を引き締めて行こう!

監修:東京カラーズ 桜井輝子

シンプルなブラックスーツを華やかに着こなせるのはウィンターの人ならでは!首に巻いたスカーフは、差し色効果の高い同系色の柄物をチョイス。アクティブなキャリアウーマンのイメージで!

ショッピング(冬)

ウインタータイプのレディースコーディネート8

彼へのクリスマスプレゼントを探しにショッピング!冬はなんとなく暗めの色を選びがちだけど、ポイントで鮮やかな色を持ってくると寒さも吹き飛びそう。 色のパワーってすごいよね!

監修:東京カラーズ 桜井輝子

鮮やかなマゼンタのストールと、自慢のバックが気分を上げてくれるコーディネート。バッグの柄として使われている色のひとつが、ストールの色とピッタリ合っているんです!

アフター5の英会話教室(冬)

ウインタータイプのレディースコーディネート9

アフターファイブは、自己研鑽のチャンスですね。今日は英会話のフリートークレッスンに。ビジネスマンも大勢参加するので、きちんと感は大切。かといって堅過ぎないことがポイント!

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

色数は少なめに、ラインをシャープに決めるのがウインターの方にもっともフィットするイメージです。傍目にはややクールに見えるかも知れませんがそれが個性です。内面にあるきらりとした光を周囲に感じさせます。

サッカー観戦(冬)

ウインタータイプのレディースコーディネート10

ボーイフレンドの感化で、最近、競技場でのサッカー観戦が好きになりました。でもこの時期の寒さは相当堪えます。ヒートテックでインナーを固めて出来るだけフィット感を出すのが今年流。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

ブルゾンタイプのジャンパーを小粋にはおり、白のウールマフラーはコンパクトに首元に。キャスケットとスリムパンツは同柄で合わせて纏まり感を出してください。モノクロームのスニーカーで決めれば完璧。

ホテルのディナーショー(冬)

ウインタータイプのレディースコーディネート11

外は木枯らしが吹いていてもどこ吹く風。万全の空調設備の中で寒さを忘れるひととき。それぞれの個性を重んじながらも、会場の雰囲気に合わせて馴染感をもたせるのがポイント。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

ドレスは雰囲気のあるパープル系のぱきっとした色に黒のフレームが直線で交差しています。存在感抜群のウインターの方にぴったり。同系色のパターン柄のバッグをそれとなく添えて纏まり感を。持ち手の白がアクセントに。

お台場にショッピング(冬)

ウインタータイプのレディースコーディネート12

ハイセンスなファッションを求めてお台場にショッピング。晴れていても海風は容赦なく吹きすさびます。ショールやロングブーツでしっかりガードしてお気に入りのショッピングモール巡りを。

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

黒・グレーのウインターカラーに相性のいいのがパープル系カラーです。モダンテイストでコーディネート。多くの色を使わなくても十分に主張するのがこの組み合わせ。タータンチェックのショールもしっかり溶け込みます。

男性のコーディネートはこちら