• カラースクール・カラーサロン一覧
  • カラー商品
  • お問い合わせ

色名辞典

エメラルドグリーン【JIS】

「つよい緑」(JIS系統色名)で、その名の通り、宝石のエメラルドからとられた色です。

16世紀には、色名になっており、19世紀には、顔料や絵の具の名前に使われるようになりました。

古代ローマでは、エメラルドの透き通った緑色の宝石を、目の疲れを癒し、視力を回復する効力があると信じ、活用していたようです。

日本でも、緑色が目に良いという話は、よく伝えられていますね。色を生活の中で、上手に活かすことは、今も昔も変わらないものなのですね。

宝石エメラルドは5月の誕生石で、5月生まれの私にとって、とても馴染み深い色合いです。宝石に限らず「エメラルドグリーン」を身につけると不思議なパワーをもらえるような気がしています。


【参考文献】決定版 色の名前507,ISBN978-07-248540-8,福田邦夫,主婦の友社


海老澤幸恵

SACカラーコーディネーターサークル
海老澤幸恵

 

色名一覧へ戻る