• カラースクール・カラーサロン一覧
  • カラー商品
  • お問い合わせ

色名辞典

とび色(鳶色)【JIS】

とびの羽のような濃い茶色の事をさします。とびはタカ科の鳥でトンビとも言います。トンビが鷹を産むのトンビでのことです。

日本では、江戸中期に特に茶色が流行しました。奢侈禁止令(贅沢を禁止する)に抵触しない色として、さまざまな茶色が登場したのです。地味なイメージの茶色も、いろいろな名前をつけるとイマジネーションが膨らみます。

鳶色は、瞳の色としても例えられる。1978年代に大ヒットしたアリスの「君の瞳は1万ボルト」の出だしが「とび色の瞳・・・」です。40代以上の方ではご記憶の方も多いのではないでしょうか。


【参考文献】色の名前で読み解く日本史,ISBN978-4413040495,中江 克己,青春出版社


カラープラネット

カラープラネット
立花 奈緒美

 

色名一覧へ戻る